水質検査
最近pH(ペーハー)を計っています
というのもaquamindlaboratory
「pH測定試薬キット」を入手したのと
アクアジャーナルNo131で「ネイチャーアクアリウム的自由研究」
を読んだからです
私はいわゆるADA的水草水槽をやっているので
水中のCO2(二酸化炭素)の量が重要になってきます
直接CO2量を計る試薬もあるようですがPhからでもだいたい予測できる
ようなのだ。(詳しくはアクアジャーナル131参照)
やり方としては点灯前と消灯時でPhを計り、その差を出すという感じ
とりあえずやってみた



d0042049_0312238.jpg

初日
朝Ph7.2弱アルカリ性
夜Ph7.0中性
点灯Co2添加時間 8時間 1滴/秒
メモ
現在CO2を一秒間に1滴(ADAグラスカウンタ)添加している訳だが
0.2Phが下がった事になる。アクアジャーナルのグラフを参考に予想すると溶けている
CO2の量は約5ppm増えたことになる。理想は20ppmとからしい、でも溶けている量までは
解らない。予想では15ppmだと思っている。20ppmまでちょっと足りない。

2日目
CO2添加量を秒2滴に増加
朝Ph7.2弱アルカリ性
夜Ph6.8弱酸性
なかなかいいと思う。多分20ppm弱は溶けている
水草もかなり気泡を吹き出して来ている

3日目
CO2添加量を秒2.5滴 に増加
朝Ph7.2弱アルカリ性
夜Ph6.7弱酸性
水草の気泡が大量に出ている
今後この量でキープして行きたいと思う。

こんな感じでPhの量からCO2の量を予測しつつ水草の状態を観察するもの
改めて勉強になるなぁと実感。
これからも定期的に測定して調子の悪い時。調子のいい時。
数字と水草の様子をセットで記録していきたいと思います
ブログランキング・水の生き物

追記
aquamindlaboratoryの長から貴重なコメントいただいたので引用します!

CO2が溶けるとpHが下がるのでだいたいはわかりますが、さらに詳しくCO2の溶解量を知りたければ、KHを測定することで算出できますよ。
詳しくはこちらをご参照くださいw
[PR]
by blacklayout | 2006-09-24 00:31 | アイテム
<< 適当に… (新しい記事へ) 夜は冷えますね >> (過去の記事へ)