自爆でコケを発生させてしまった
本日は長いので時間のあるときに見て下さいw
d0042049_19374.jpg

最近の水景
実は(ここ一週間で)流木にヒゲ状のコケが発生してしまった、
パッと見はウィローモスと混ざっていて解りづらいが
結構コケた。
これから我が水槽が一週間でコケたいきさつを語ろうと思います。
d0042049_184423.jpg

間違いの始まり
見た目順調でコケもほとんどない状態だった、
アベニーパファのふぐ吉(エターナルアクア2のレガさんと同じ名前にしちゃいました)に
冷凍アカムシを与えているのだが同居魚のプラティ、ポポンデッタ、グローライトテトラの
凄まじい食欲の前(アクアムービー参照)になす術も無く餌にありつけない。
水槽のハシとハシでテトラミンで集めている隙に、ふぐ吉にピンセットであげる。
こんな事を繰り返しているうちに水槽の中はどんどん栄養状態になっていった。
テトラの腹が変形する程与えていたのだ。
これはマズイと思って換水の回数を増やしたところまでは良かったのだが、
ふと気がついたのが「排水量が明らかに少ない!」
リリィパイプからチョロチョロっとしか水が出ていないのだ!
さっそく濾材の洗浄を行った。
飼育水で軽くすすいでから元に戻した。
しかしでかいゴミなどなく、なぜ水流が減ったのか分からなかった、
結果水流は戻らなかったのだ。

水流減少の原因
翌日、なんでだろうと水槽を眺めていたら
ホースがめちゃめちゃ汚れてるじゃんか!
まさかホースが汚れていると水流が減るのか!?
半信半疑だったがエーハイムのホースクリーナーを購入。
とんでもなく汚れていた!!
結果、水流復活!!
ホースの掃除は大事なのだ!!
しかしほかにも買って来た物があったのだ
バイオリオ2リットルとセール中の活性炭だ

水質悪化へ
使っている濾材はテトラの濾材と活性炭。
ともに上部濾過用のネットに入っている物を取り出して
テトラEXフィルタのコンテナにいっぱい敷き詰めて使用していた。
コンテナは3つ入りだ。
活性炭はもう半年は使っていたしテトラの濾材も粒が
2ミリくらいでコンテナの編み目から
いつも流れて管理しにくくいつか換えようと思っていたのだ。
バイオリオ1リットルと活性炭1リットルでのコンテナ2個分を交換した。
これが間違いの始まりであった。

コケ発生
翌日白濁した…。
交換したコンテナ2個分の濾材には
ものすごいバクテリアがいたんだな、
やっちまった。
これから安定するまで数週間はかかるな…。
さらにふぐ吉の餌の影響もあり白濁は
悪化していった。
そして一週間で流木にはヒゲコケが発生!
また水草までコケにやられていないが
白濁している以上水質は悪いはず。
もうしょうがないので毎日20リットル換水しております
d0042049_185483.jpg

安定しているときに濾材をいじってはいけないと
改めて実感した。
何かあると道具(買い物、金で解決的な行為)に頼ろうとする人間の
悪いところがモロに出てしまった事件でありました。
みなさんも問題が発生したときは冷静に考えて行動しましょう
予想以上にデリケートなアクアを再認識いたしました。

クリックお願いします「人気blogランキングへ」
[PR]
by blacklayout | 2006-01-15 01:12
<< ふぐきち と先行者ビデオデビュー!? (新しい記事へ) 10000アクセス達成いたしました! >> (過去の記事へ)